保険会社が、保険契約上の危険負担責任を確実に果たすために、保険業法に基づいて毎決算期末に収入保険料の一部を積み立ている準備金のことです。
責任準備金には、翌年度以降に発生する損害に対する保険金の支払に備える普通責任準備金、解約返戻金等の支払に備える払戻積立金、保険契約者配当準備金、異常危険準備金等があります。
責任準備金は、保険の種類ごとに計算され積み立てられます。