既に締結されている保険契約を消滅させると同時に、既契約の責任準備金、返戻金の額その他の被保険者のために積み立てられている額を、新たに締結する保険契約の責任準備金または保険料に充当することによって保険契約を成立させることです。
保険契約者または被保険者に対して、不利益となるべき事実を告げずに、これらの行為を行なうことは禁止されています。