保険事故の起こる可柏ォの高い人が、すすんで保険に加入したがる傾向のことです。
保険契約の引き受けにおいて保険会社は、保険事故発生度の低い危険を選択することに努めますが、保険契約者側にはその逆に保険事故発生度の高い危険ほど付保したいというニーズがあります。
逆選択が多くなればバッド・リスクが集積して引受け契約の危険度が高まり、収支相等の原則が崩れ保険経営は危機に陥ることとなります。