インターネットや電話でお申し込みができる自動車保険を『通販型自動車保険』と呼んでいます。
通販型自動車保険は、1997年にアメリカンホーム・ダイレクトが初めて通販型のリスク細分型自動車保険を発売開始しました。
主な通販型自動車保険を販売している保険会社は、アメリカンホーム・ダイレクト、チューリッヒ、アクサダイレクト、ソニー損保、三井ダイレクト損保、SBI損保、セゾン自動車火災、イーデザイン損保、そんぽ24などがます。

 通販型自動車保険の多くは住んでいる地域や年齢、車種、家族構成など様々な統計データから保険料を算出した『リスク細分型』のため、条件によりますが大手損保会社に比べ、保険料が割安になっています。