保険料率の適用において、基本料率につき必要な割増・割引のすべてが算入された最終的な料率(最終適用料率)をいいます。
保険金額に最終適用料率を乗ずることによって保険料が算出されます。