「既発生未報告損害(Incurred But Not Reported Losses)」の略語。
損害保険会社の決算日(3月末)現在、保険事故は既に発生していながら未だ保険会社に報告されていない損害のことです。
IBNRの備金積立は、昭和45年度(1970年度)、まず自動車保険について制度化されました。
現在は、自動車保険、傷害保険、傷害相互保険、賠償責任保険、労働者災害補償責任保険の保険種目について、損害保険の統一計理基準の定めにしたがって当年度既経過保険料の一定割合を基準として推定計算により算出され、普通支払備金(既報告未支払損害)とともに支払備金として積み立てられることになっています。