「がん」により入院したり、所定の手術を受けたときに、給付金が支払われる保険です。『がん保険』では、入院給付金の支払日数が無制限となっています。
そのほか、「がん」と診断されたときには『がん診断給付金』を、「がん」で死亡したときには『がん死亡保険金』を、「がん」以外で死亡したときは『死亡保険金(給付金)』を受け取れるのが一般的です。契約日から90日または3か月などの待ち期間があり、この期間中に「がん」と診断されても保障の対象とはなりません。
「上皮内がん」など、「がん」の種類によっては一部支払いの対象とならない場合や、給付金の額を低くしているものもありますので、『ご契約のしおり−(定款)・約款』などで確認しておくことが大切です。
がん保険の中には法人契約用に開発された商品があり、法人契約においては全額損金参入が可能です。契約期間中の解約には場合により、大きな解約返戻金があります。