子供を被保険者、その親(扶養者)を保険契約者として契約し、保険期間の満了時に子供が生存していることを条件に満期保険金が支払われる保険です。
子供の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などへの入学時に合わせて祝い金が支払われるなど、子供の教育資金準備を主な目的としています。
保険期間中に保険契約者が死亡したり高度障害となった場合には、以後の保険料の払い込みが免除されるとともに契約は満期まで自動的に継続され、満期時には満期保険金も支払われます。
また、この場合、子供の養育のための育英年金が毎年支払われるものもあります。