96年4月、保険業法が改正され、生損保の相互参入が認められました。改正前は生命保険会社では損害保険を、損害保険会社では生命保険を販売することはできませんでしたが、この改正で親会社にあたる生保、損保会社が、それぞれ損保子会社、生保子会社を作ることによって、相互の販売が可能になりました。
 当時、損害保険会社の設立した生命保険会社の多くは、東京海上日動あんしん生命、三井住友海上きらめき生命、損保ジャパンひまわり生命などひらがなの社名が多く、「ひらがな生命」と呼ばれています。「損保系生保」とも呼ばれています。
 現在、合弁等で保険会社名は変わってきています。