インターネットを通じた保険販売は、募集形態を問わず行われていますが、おおよそ次の三つに分類することができます。
1. 消費者がホームページ上で資料請求を行い、後日保険会社または保険代理店から郵送される資料(申込書等)に必要事項を記入・押印して返送することにより保険販売を行う。
2. 消費者がホームページ上で資料請求を行い、後日保険会社または保険代理店に自宅・勤務先を訪問してもらい(保険会社・保険代理店に来店して)契約手続きを行う。
3. 消費者が、保険会社または保険代理店等の保険募集人の開設するホームページ上で保険契約締結の申込みを行い、かつ、同時に電子的な手段により即時に保険料決済を行うことで保険販売を行う。