親会社の保険のニーズに応える目的で設立された親会社専属の子会社保険会社のことです。
同一グループ企業が海外にキャプティブ保険子会社を設立し、国内の保険会社を経由して海外キャプティブ保険会社に「再保険」を掛ける仕組みとなります。
キャプティブ設立の動機は、既保険会社の提供する保険ではカバーできないリスクがあること、節税対策、収益の増加、コスト削減などがあげられます。
親会社は保険会社に支払うべき保険料をキャプティブ保険子会社に支払い、キャプティブはこれを蓄積したり、運用したりして利益をあげます。
また、キャプティブは親会社の物件だけでなく、第三者物件の引受けも行い、受再、出再も行う場合もあります。
運営方法の一つとして、海外保険会社のアカウントを借りてこの保険会社内に設立されるキャプティブを「レンタキャプティブ」と言います。