唾液による喫煙の有無を調べる検査で、タバコに含有されている「ニコチン」が体内で代謝されて排泄される「コチニン」という代謝産物の量を測定する検査です。
 コチニン検査は、生命保険に加入する際、保険料がお得な非喫煙者料率で設計されている生命保険に申し込みをする時に実施をします。
 生物学的指標として適していることから、喫煙習慣のマーカーとして認識されています。