日本の生命保険会社が1980年代後半から1990年前半にかけて、巨額の運用資産を背景に機関投資家として日本経済に強い影響力を持っていたころの呼称です。