契約当初の一定期間(10年間や15年間など)の保険料を低く抑え、一定期間経過後は割増された保険料を払い込む方式のことです。
払込期間中の保険料が一定の払込方法に比べると、払込満了までの保険料払込総額は高くなります。
「定期保険特約付終身保険」の「終身保険(主契約)」部分の保険料に用いられ、通常、定期保険特約の更新時期にあわせて終身保険の保険料が高くなります。