大災害や株の大暴落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる支払い余力を有しているかどうかを判断するための指標のことです。
保険会社のソルベンシー・マージン比率が200%を下回った場合、内閣総理大臣(金融庁長官に権限を委任)によって早期に経営の健全性の回復を図るための早期是正措置が取られます。