責任準備金を超えて保有する支払い余力のことで、保険会社の経営の健全性を示す指標の一つです。
保険会社の健全性維持のために、各種のリスクに対し、保持されるべき正味資産の最低基準です。
ソルベンシー・マージン基準(比率で表される)の計算方法については、保険業法施行規則に規定されています。(保険業法施行規則第86条、第87条)
保険会社は、この規定によって計算した数値を記載した書面を作成し、事業年度終了後4か月以内に金融庁長官に提出しなければなりません。