チルメル式責任準備金積立方式では、平準純保険式責任準備金の積立式に比べて、初年度の純保険料を低く、逆のその分だけ付加保険料を高くする事によって生じる保険料積立金の不足分を次年度以降の純保険料を平準純保険料方式のそれよりも高くし、それを財源にして不足分を徐々に埋めていくというもので、そのチルメル歩合の償却期間の事をいいます。