イタリア人のトンチが考案した、応募者から払い込まれた元本総額に対し、それから生じる一定の利息を応募者の全員が死ぬまで支払う年金制度のことです。