死亡者の持分が生存者に移ることにより、生存者により多くの給付が与えられる割合のことです。
監督指針の改正により、2006年(平成18年)4月1日よりトンチン性の高い商品については、保険会社が顧客に対して、その商品特性について十分説明を行なうこととされました。
イタリア人のトンチが考案した、応募者から払い込まれた元本総額に対し、それから生じる一定の利息を応募者の全員が死ぬまで支払う年金制度から由来しています。