有配当保険において、普通配当とは別に、一定期間以上の長期にわたって継続している契約に対して支払われる配当のことです。
「特別配当」とも呼ばれます。
具体的には、死亡や満期、解約によって消滅する保険契約に対して消滅時配当を行なっています。
これは、保険会社が所有する株式等の含み益、売却益の蓄積になる内部留保を、消滅時に最終精算するものです。
特別配当は、長期にわたって継続している契約の貢献度に応じて利益配当を増額するもので、保険会社が毎年の配当率を安定的に定めていることに対して調整を行うものです。