被保険者、保険契約者、保険金受取人など保険契約の関係者に故意や過失など人為的な要素によって保険事故を招くことが考えられます。
この人為的危険性を指して、モラル・ハザード(moral hazard)といいます。
「道徳的危険」あるいは「モラル・リスク」ともいいます。