キャプティブとは、親会社の保険のニーズに応える目的で設立された親会社専属の海外保険子会社のことです。
同一グループ企業が海外にキャプティブ保険子会社を設立し、国内の保険会社を経由して海外キャプティブ保険会社に「再保険」を掛ける仕組みです。
この海外キャプティブ保険会社をゼロから設立するのでは無く、既存の海外保険会社のアカウントを借りて海外保険会社内に設立するキャプティブをレンタキャプティブ保険会社と呼びます。
レンタキャプティブ保険会社のメリットは小規模からのスタートが可能、設立コストおよび時間の軽減、運営に関する管理の丸投げが可能となります。デメリットは規模の増加と共に、コストが増加する場合も考えられます。