火災保険において建物の主要構造部分(柱・小屋組、はりや屋根、物件により外壁)のいずれをも独立して具備したものをいいます。
一つの建物は、保険金額の設定、料率の適用、価額の算定などにおける単位となっています。