被保険者が、がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になった場合、生存中に死亡保険金と同額の保険金が受け取れる特約です。
がんは、がんと診断されたときに、急性心筋梗塞や脳卒中は発病後2カ月経過したときに一括して保険金を受け取れる仕組みになっています。
三大疾病保険金を受け取った時点で、契約は消滅します。
生存中に三大疾病保険金を受取らずに死亡したときは、死亡保険金が受け取れます。