生命保険会社は資産運用による一定の収益をあらかじめ見込んで、その分だけ保険料を割り引いていますが、その割引率のことです。
生命保険の保険料は、3つの予定率(あらかじめ予定した基礎率)をもとに計算されていますが、その一つです。
予定利率を高くすると保険料は安くなりますが、予定利率を高く設定しすぎた場合には実際の資産運用利回りがその水準を下回ってしまい、生命保険事業の経営基盤を危うくするおそれが生じます。