過去の統計をもとに、性別・年齢別の死亡者数(生存者数)を予測し、将来の保険金などの支払いにあてるための必要額を算出する際に用いられる死亡率のことです。
生命保険の保険料は、3つの予定率(あらかじめ予定した基礎率)をもとに計算されていますが、その一つです。