過去の統計をもとに、男女別、年齢別に死亡者数を予測して計算した確率を言います。生命保険商品を開発する場合、保険料をいくらに設定するのか?の基礎データになります。長寿化が進んでいる国内において古い予定利率で計算した保険よりも新しい予定利率で計算した保険のほうが必然的に安くなります。