生命保険を加入するに当たり、それぞれのライフステージの変化に合わせて生命保険の必要保障額を変化されることをいいます。一般的に人生の前半のライフイベント(例:結婚・出産・住宅の購入など)ごとの急激に必要保障額は増え、時間とともに(子供の進学・定年・住宅ローンの完済など)徐々に減少していきます。