保険料払込期間中の解約返戻金を通常の一定割合(7割程度)とすることで、その分、毎月の保険料を抑えるという商品です。
低解約返戻金型商品は、死亡保障の終身保険や定期保険、医療保険の終身医療保険、定期医療保険などがあります。
 一般的に低解約期間が終わると通常の返礼率に戻ります。
 締約返戻金型の保険を選んだ場合、毎月の支払保険料を安く抑えることができますが、反面低解約期間中に解約すると返礼率が低くなってしまうデメリットがあります。