身体上の危険の一つ。
生命保険では、身長と体重との関係から、体格を過重体・平均体(普通体)・過軽体に分類しています。
平均体(普通体)は体重または胸囲・腹囲が同年齢・同身長の標準に近いものをいい、過重体はその標準より明らかに多いもの、また過軽体はその標準より明らかに小さいものをいいます。