おもに生命保険事業において使われ、保険会社が現に保有している有効契約の事です。一般に保有契約高という場合には個人保険と団体保険の契約高の合計を意味し、保険金額等で表示されます。保険事故が発生すれば直ちに保険金支払の責任を負うべき契約で、個人年金保険や団体年金保険、財形保険、受再保険は除いています。