生命保険会社が保有している有効契約の残高で、保険金額の総計によって示されます。
これらは、生命保険会社が現に保険責任を有する契約で、保険事故が生じたときには、直ちに保険金支払の対象となるものです。
ただし、年金保険、財形保険、受再保険は保有契約高には含まれません。