保険者が自己の引き受けた危険の全部または一部を自己の負担勘定として留保することを保有といいます。1回の事故により巨額の損害をこうむらないように、主として保険者の資産状態、契約件数、年間収入保険料、危険の良否や集積の可能性を勘案して、どの程度保有するかが決められます。