保険事故ともいいます。保険者が保険契約において、その事実の発生を条件として、保険金の支払を特定した偶然な事実、出来事、事件、事故または危険などの事をいいます。火災、交通事故、人の死傷などがその例です。