保険契約において、保険会社がその事実の発生を条件として保険金の支払いを約束した偶然な事実のことです。
例えば、火災、交通事故、人の死傷などが該当します。