保険契約に関係する事故がおきた時の経済必要に対し保険給付によって保護するという事をいいます。あらかじめ予想される危険による経済必要額に近接した額を保険契約時に保険金額として締結しておけば、それだけ保険保護率が高いという事になります。