多くの人々が僅かなお金を出し合って大きな資金プールをつくり、その中の誰かが事故・災害に見舞われたとき、資金プールから損失を補償(保障)する制度です。
各人が万一に備えて多額の貯蓄をしなくても、保険によって、僅かな負担で大きな安心を得ることができます。
保険制度は「一人は万人のために、万人は一人のために」という相互扶助の精神によって成り立っています。