保険制度においては、危険発生の客体である人体または物財などの集まりである危険集団の存在とともに、その危険による経済必要を感じる人々の集団があると考える事が出来、これを危険共同団体と呼ぶ事が許されると考え、その危険共同団体の構成員になる者を保険加入者といいます。