広義では保険契約の終了を意味し、狭義では当事者の意思によらないで保険契約が効力を失う場合を意味します。後者の例としては、保険者が負担すべき保険事故以外の事由により保険の目的などの全部または一部が滅失した場合や保険期間中に保険契約者または被保険者の責に帰すべき事由や保険の目的の譲渡などにより、著しく危険が変更、増大した場合、保険者が破産の宣告を受けた後、一定条件を充足した場合などがあります。