生命保険会社において、年度決算で生じた剰余金を契約者に分配する制度の事です。契約者配当ともいいます。通常、保険料はその契約期間を通じて予定死亡率・予定利率・予定事業比率として予め見積もって計算されていますが、これらの予定率はある程度の安全率が見込まれている為、実際の死亡率・利率・事業費率との間に誤差が生じ、剰余が出る事になるのです。