保険契約の締結と同時に保険料全額を保険契約者から領収しなければならないという原則のことです。
なお、保険料分割払契約など特に約定がある場合には、この原則は適用されません。