生命保険や医療保険など、長期の保険契約中に不慮の事故や病気等、予め設定された事由が発生した場合、以後の保険料の払い込みを免除され、そのまま保障を継続できる仕組みを言います。
 一般的には「保険料払込免除特約」として設定されている場合が多いようです。

学資保険で契約者が亡くなった場合や、生命保険で被保険者が後遺障害を負った場合などに設定されている場合があります。