生命保険において、将来の保険金支払いに備える積立金のことです。
毎年払い込まれる保険料に組み込まれている生存保険料を元本として、予定利率で増額した元利合計金が累加されて積み立てられます。
生命保険会社の責任準備金の大部分は、保険料積立金によって占められています。