1939年(昭和14年)に制定されたのち、1995年(平成7年)に全面的に改正、法律第105号として公布され、翌年施行された保険業についての基本となる法律です。
保険業法は、保険事業が健全かつ適正に運営されることにより、保険契約者等の保護を図ることを目的としています。
保険業法には、保険事業の監督法規と保険事業を営む者の組織およびその行為に関する規定も含まれています。
生命保険事業を免許事業としたうえで、金融庁が監督や規制を行なっています。