基本的に保険種類は、分類規準によって様々なものに分けられます。例えば社会的な利用目的との関わりでの性質によっては、私保険と公保険に、また経営主体によっては、私営保険と公営保険に、保険事故発生の客体によっては、人保険と物保険に、保険事故の種類によっては、生命保険・傷害保険・疾病保険・火災保険・地震保険・風水害保険・海上保険などに分けられます。