保険事故の際、あらかじめ定められた給付金の支払が行われる事をいいます。通常は現金による給付が多いですが、社会保険などでは、医師の診療を提供したりする現物給付による場合もあります。