生命保険会社で定めた範囲内で、保険金額を減らす(少なくする)方法のことです。
保険料の負担を軽減したいときや、保障の見直しでそれ程の保険金額が必要でないときに利用します。
この場合、減額部分は解約されたものとして取り扱われ、解約返戻金があれば払い戻されます。