被保険者が死亡・高度障害状態のとき、または満期まで生存したときに生命保険会社から受取人に支払われる金銭のことです。
それぞれ死亡保険金、高度障害保険金、満期保険金といいます。
なお、通常、保険金が支払われると保険契約は消滅します。