あらかじめ決められた年齢に達するまで保険料を払い込み、その年齢(60歳・65歳など)に達すると、その時から一定期間(5年・10年など)あるいは一生涯(終身)にわたって毎年年金が受取れる保険です。
個人年金保険には、定額型と変額型があり、被保険者が生存している場合に年金を毎年受け取れるタイプと、被保険者の生死にかかわらず一定期間の年金受取りを保証されるタイプがあります。
年金開始前に被保険者が死亡した場合には、通常、保険料払込相当額が死亡給付金として支払われます。
所定の要件を満たせば、一般の生命保険料控除とは別枠で個人年金保険料控除の対象になります。
公的年金を補完するための老後資金準備に利用されています。