特定の災害死亡時に、所定の保険金額の倍額の保険金が支払われることです。
災害倍額支払特約が主契約に付帯されることが一般的です。